質の良い婚約指輪でカッコよくプロポーズを決めよう!

男女

ウェディングの主役

結婚

ウェディングドレスにはたくさんの形や素材、デザインがあり、ドレスによって印象はガラリと変わります。プリンセスラインなどの可愛らしいタイプや、マーメイドラインなどの大人っぽいタイプなど、たくさんあって決めるのは大変です。試着を重ねて理想の一着を見つけましょう。

詳細

結婚指輪の形態が変化

男女

ハワイアンジュエリーは最近では結婚指輪として取り入れる人が増加してきています。ハワイの自然をモチーフにした彫刻が特徴であり、人とは違ったアイテムを求めている人に人気です。素材や色などの組み合わせも可能なケースがあるため、依頼する店舗をよく探してみることをおすすめします。

詳細

季節感を大事に

レディー

カラードレスは季節によって選ぶことができるようになっています。これと会場の雰囲気やブーケとあわせると、非常にまとまった印象となります。春はパステル系のピンクで夏は寒色系のブルー、秋はオレンジで、冬は赤やボルドーとなっています。

詳細

求婚の際に贈られる指輪

指輪

凝ったデザイン

結婚指輪は、一般的には夫も妻も常に身につけています。特に支障がない場合には、仕事中でも家事中でも、また入浴中や睡眠中にも、左手の薬指につけているのです。そのため結婚指輪は、作業の妨げとなったり衝撃による傷がついたりしないように、シンプルなデザインとなっています。それに対して婚約指輪は、婚約していることを示すために、多くの場合は人前でのみつけられています。支障がある場合には外すことが多いので、傷がつく心配がなく、その分凝ったデザインとなっています。そのため、相場も結婚指輪と比較すると高めです。結婚指輪の相場は、夫婦2人分でも10万円前後なのですが、婚約指輪の場合は、女性1人分でも相場が30万円台となっているのです。

財力や誠意を示すために

具体的には婚約指輪には、細かな彫刻が施されていたり、大小の宝石が埋め込まれていたりします。土台となる金属も、高価なゴールドやプラチナが使われることがほとんどで、宝石も品質の良いダイヤモンドがつけられることが多いのです。なぜ婚約指輪がこれほどゴージャスなのかというと、かつては婚約指輪が、意中の女性に求婚を受け入れてもらうために贈られていたからです。つまり男性は、ゴージャスな婚約指輪によって、財力や誠意などを示していたわけです。現在でもその風習が残っているため、多くの女性が、受け取る婚約指輪の相場を意識しています。ゴージャスな婚約指輪を身につけることは、財力や誠意のある男性に求婚されたという証、つまり自分の魅力の高さの証となるからです。