質の良い婚約指輪でカッコよくプロポーズを決めよう!

指輪

ウェディングの主役

結婚

理想の一着を

結婚式で身につけるものの中で、一番の主役はウェディングドレスです。ウェディングドレスは女性なら一生に一度は着てみたい憧れのものです。結婚式で着たことのある既婚女性でも、もう一度着てみたい、何度でも着たいと思うほど、ウェディングドレスという存在はとても幻想的でロマンチックなものです。ウェディングドレスにはいろんな形や素材やデザインがたくさんあり、どんなドレスを着るかで印象がガラリと変わります。お姫様のようなふんわりしたものから大人っぽいスレンダーなもの、シンプルなもの、リボンやフリルのたくさん付いたものなど、たくさんの種類の中から選ぶのは大変な作業です。ここではドレスの形と特徴について、見ていきたいと思います。

可愛くも大人っぽくもなる

ウェディングドレスの形として人気が高いのは、正統派のプリンセスラインです。これは上半身はキュッと引き締まっていますが、ウエストの下から裾にかけてスカートがボリュームよく広がるタイプです。どんな体型の人でも着こなせます。マタニティドレスとして着ることができます。次にAラインシルエットも人気があります。これはウエストの位置が高くスカートがAのシルエットのように広がります。華やかですが、プリンセスラインのスカートよりボリュームは控えめで、シンプルに着こなすことができます。こちらも体型を選びません。マーメイドラインは、上半身から腰までがタイトで、膝あたりから裾にかけて広がる、人魚のひれのような形です。シンプルなマーメイドラインは大人っぽく、裾の部分にフリルやドレープがたくさんあるものだと可愛らしくなります。体の線が出てしまいますが、メリハリあるデザインなので体型に自信のない人でも着こなせます。最後にエンパイアデザインですが、こちらは胸の下に切り替えがあります。パニエを着ないのでスカートの広がりはなくシンプルなデザインですが、ナチュラルさが人気です。たくさん試着をして理想の一着を見つけましょう。